MENU

蓑田知幸さんの「痔獄からの解放」に関する質問について、
痔治療の第一人者、蓑田知幸さんに直接回答していただきました。

 

このマニュアルに書かれているエクササイズは、本当に効果がありますか?

もちろんあります。しかし、痔を解消するための大前提を守っていただければの話です。
私はこのエクササイズによって、W度の痔核がかなり改善されました。それもたった一日です。今は完治して再発もありません。

 

排便時に残便感があり、触るとイボのようなものが出ていることがあります。痛みは無いのですが、これは痔でしょうか?

それは痔の可能性があります。残便感、イボが出る、痛みは無いということから、内痔核の初期症状の可能性が高いです。
初期の段階であれば、マニュアル通りに実践していただければ比較的簡単に解消することができると思います。

 

 

以前、痔の手術をしたのですが、最近また肛門に違和感があります。これは、痔がまた再発したのでしょうか?

手術をしても、痔が再発する可能性は十分にあります。結局生活習慣を変えなければ、いくら手術しても再発してしまいます。
ですが、痔でなくても手術後にイボがあるような違和感があることは多々あるようです。
もし気になるようでしたら、一度医者に診てもらった方がいいでしょう。

 

排便時に、かなりの量の鮮血が出て、激しい痛みを感じました。これは痔なのでしょうか?

鮮血であるということは、それは切れ痔である可能性が高いです。
しかし、大腸ガンなどの病気の可能性があるので、必ず医師に相談してください。

 

私は妊娠8ヶ月ですが、最近痔になってしまいました。うずらの卵ほどの大きさの痔核が飛び出すこともあります。どうすればいいでしょうか?

妊娠時は、赤ちゃんがお腹の中にいるので、腸や肛門が赤ちゃんを支えています。実に妊娠の経験のある女性の7割は痔の経験があります。
妊婦さんが特に気をつけるべきなのは、食べ物、運動、冷えです。体を動かすのは辛いかもしれませんが、簡単なエクササイズだけでも実践してみましょう。

 

出産時にいきむ時、痔が心配です。大丈夫でしょうか?

たしかに、出産時には肛門に強い負担がかかります。なおかつ誰にも相談できない方が多いようです。
そんなときは、勇気を出して助産師などに言いましょう。そうすれば、出産時には脱肛保護という処置を取ってくれます。

 

妊娠中の痔は、出産後にも続くのですか?

妊娠時にできた痔は、産後には急速に回復していくケースが多いです。なので心配しなくても大丈夫ですよ。
もし産後も痔が続くようであれば、マニュアルの方法を試してみてください。

 

ストレスを無くすことができません。どうすればいいですか?

本編でも解説していますが、訓練をすれば大丈夫です。
おそらくほとんどの方は、基本的にマイナス思考で、ストレスを自ら進んで溜めていく傾向があるようです。
しかし、訓練した結果、ストレスに対処できるようになれば、人生は100%良い方向に向かいます。
『悲観』が習慣になっている場合、努力して『楽観』する力を培っていきたいものですね。

 

だいたいどれくらいの期間で効果が現れますか?

効果には個人差があるので、断言はできません。早い人であれば一日で効果が出るかもしれないし、
遅い人であれば3ヶ月くらいかかるかもしれません。

 

痔になりやすい家系があると聞きました。本当でしょうか?

それは仮にあったとしても、信じないほうがいいです。『自分の痔は家系だからしょうがない』と諦めてしまうのは、とてももったいないことです。
どんなひどいイボ痔や切れ痔も、必ず治すことができます。

 

私はもともと慢性の便秘気味で、痔主でもあるのですが、この1日1分エクササイズをすることによって全て治るのでしょうか?

便秘というのは排便異常です。そして、“痔解消の大前提”と重なりますが、まずは便秘を治さないと痔解消は難しいということです。
便秘の解消につきましては、特典の『便秘解消法』でご紹介いたします。

 

肛門科の医者に診てもらったところ、すぐに手術しましょうと言われました。手術したほうがいいのでしょうか?

 

昔と違い、医療はかなり進み、現在すぐに手術が必要なケースは稀です。痔の7割以上は手術をしないで治すことができます。
しかし、本当に重度の痔で手術が必要な場合もありますので、もう一度違う病院で診察してもらうなど、セカンドオピニオンをとると良いかと思います。
ちなみに、大腸肛門専門医に診ていただくことをオススメします。

 

 

このページの先頭へ